大湊水交会

役員等      
会 長
清水 信勝
副会長
安部 泰雄
副会長
後藤 隆行
副会長
堀場 恒明
幹事長
伊藤 立介
連絡先

〒035-0092

むつ市宇田町11-28

 TEL:0175-24-5533

FAX:0175-29-5181

大湊水交会のホームページへ

 

練習艦隊大湊入港

  4月9日(日)練習艦隊司令官 真鍋浩司海将補率いる第67期一般幹部候補生出身の実習幹部190名を含む約710名で編成された練習艦隊(練習艦「かしま」「やまゆき」護衛艦「はるさめ」)が、近海練習航海の途中、むつ湾にその勇姿を現し、大湊港に入港した。   

 大湊水交会は、練習艦隊の入港に先立ち、4月8日(土)、開校141年あまりの伝統を誇る大湊小学校海側のフェンスに“歓迎・練習艦隊”の横断幕を掲げ、入校を歓迎した。

 入港当日は、市内のホテルで歓迎レセプションが開かれ、会長ほか会員8名が出席、実習幹部等と交流を深めた。翌日の10日(月)は、練習間「かしま」において、練習艦隊司令官主催の艦上レセプションが開催され、会長ほか6名が招待され更なる交流を図った。

 練習艦隊出港時の11日(火)は大湊水交会員22名が横断幕を掲げた大湊小学校下に集合し、眼前を航行する練習艦隊の安全なる航海と実習幹部のさらなる飛躍を祈念しつつ国旗、自衛艦旗及び大湊水交会旗を振って船出を祝福した。

 練習艦隊見送り後、下北ジオパーク運動協力の一環として参加者全員で大湊小学校下の海岸清掃を実施し、気持ちよく解散した。(安部副会長記)

大湊水交会定期総会

 大湊水交会は4月8日(土)、市内のホテルにおいて38名(事務局への委任状提出92名)が出席し、平成29年度大湊水交会定期総会を開催した。清水会長から「平成28年度事業は会員の皆様方のご協力により、滞りなく実施する事ができたこと及び平成29年度も昨年度同様会員皆様のご協力をお願いします。」と挨拶した。その後、議案の審議に入り、平成28年度事業・決算報告、監査報告、平成29年度事業計画(案)及び予算計画(案)並びに役員改選が審議され、満場一致で可決・承認された。新役員として、副会長に安部、堀場氏、幹事長に伊藤氏が選出された。

 引き続き、本部水交会の赤星専務理事を講師に迎え、「中国への対応」の演題で講演会が実施され、中西大湊地方総監を始め、会員及び現役自衛官等約61名が聴講した。赤星専務理事の海幕長時代から今日に至る中国との幅広い交流経験に基づく中国観、中国の海洋進出、日本の国を守るための対応等貴重な講話内容であり、興味深く有意義な講演であった。

 講演会終了後の懇親会では、日頃お会いできない赤星専務理事と大湊水交会会員との親睦を図るとともに、現役自衛官とも大いに親交を深めた。また、長岡大湊音楽隊長の指揮により「海のさきもり」を合唱するなど大いに盛り上がり、記憶に残る定期総会となった。

 赤星専務理事は講演に先立ち、大湊上町常楽寺内の海軍戦傷病没者慰霊碑と大湊地方総監部内にある殉職隊員慰霊碑に献花、その後、海軍時代からの資料を展示している北洋館と大湊水源地公園内の旧海軍大湊要港部水源地堰堤(国指定重要文化財、日本初の西洋アーチ式ダム)等を見学された。(安部副会長記)

むつ市スキー協会東京支部との交流会  

 大湊水交会は、2月2日(木)、市内のホテルでむつ市スキー協会東京支部の水交会会員等を迎え交流会を実施した。

 交流会は、むつ市自衛隊協力会会長熊谷氏等自衛隊支援団体の各会長にも出席を賜り、東京支部長吉川栄治会員を始め、東京支部会員及びご夫人等33名、大湊水交会会員等46名が集い、1年ぶりの再会を喜び合った。

 昨今、雪が少なく、釜臥山スキー場は第1リフト(上部リフト)の運行が危ぶまれたが、交流会の数日前にしんしんと雪が降り、絶好のゲレンデ状態となった。初日から比較的好天に恵まれ、スキー場から見下ろすむつ湾の絶景がご挨拶代わりのお出迎えとなった。

 交流会は、清水会長、吉川東京支部長、名誉会長の中西大湊地方総監のあいさつに引き続き、特別会員の越前青森県議会議員の乾杯で始まり、懇談に入った。大湊水交会は、後藤副会長の司会で大湊水交会会員等の紹介を行うとともに、後藤副会長と同じダンスサークルの葛西先生とタンゴ・ワルツを華麗に披露して拍手喝采を浴びた。東京支部は、鈴木新事務局長の軽妙な司会と古澤、長崎氏等のユーモアあふれるスピーチでスキーに対する思いを披露して会場の笑いを誘った。

 懇談が進む中、公務で忙しい宮下むつ市長が駆けつけ、2年越しの約束である東京支部とのスキーを楽しみたい、横須賀と呉に続いて「大湊海自カレー」の事業を立ち上げる等の紹介を交え、歓迎のあいさつをした。飲みながら、食べながらの交流会は、下北、スキー談義であっという間に時間が過ぎた。スクリーンに映し出された「むつ市民歌」を口ずさんだ後は、「おしまこ輪踊り」を会場一杯で体感した。最後は柏谷大湊水交会顧問の中締めの乾杯で再会を誓い、お開きとなった。  (安部幹事記)