令和4年度定時評議員会開催

令和4年6月10日(金)新型コロナ感染拡大がやや落ち着いたと言っても、まだ東京は本日(6/14)1,500人以上の新規感染者が発生しており、決して安心はできませんが、一時に比べるとウィズコロナの暮らし方が理解されつつあります。

 こうした情勢を勘案した上で、先週金曜日の午後、3年ぶりに評議員会が対面形式で開催されました。水交会の3階会場に11名の評議員全員と会長、理事長等が集まり、あいさつを交わした後、令和3年度の事業報告、決算報告及び評議員、理事の選任について審議されました。また、令和4年度の事業計画、収支予算、会員の現状が報告され、更に各委員会の事業の状況が紹介されました。今回、サンミュージックプロダクション社長の相澤正久氏に新しく評議員を引き受けていただくことになりました。

 評議員会に続いて新体制の理事による臨時理事会が開かれ、業務執行理事等が選定されました。

 その後、例年は新旧評議員及び理事に出席いただき、立食の懇親会を実施しておりましたが、今回は着席の夕食会に変更されました。各人缶ビール1缶だけに限定し、パーテション越しの会話でしたが、それなりに盛り上がり絆を深めることができました。

 いろいろと困難はあるものの、先人が育て残して下さった水交会を大切に継承し、将来に伝えたいとの思いを強くしたひときでした。

  

     杉本理事長あいさつ

    乾杯:草野評議員(海兵78期)

 サイドバーでクエリ検索 

         夕食会風景

         相澤新評議員

  

      退任理事への記念品贈呈1

            

     退任理事への記念品贈呈2

     退任理事への記念品贈呈3

         村川専務理事 締めの挨拶