東郷神社観月祭が斎行されました

9月10日(土)中秋の名月のこの日、東郷記念館において伝統行事である観月祭が斎行され、神社総代である杉本理事長が参列いたしました。例年は、東郷神社正殿前に祭壇が設えられたが、今年は初めて新装後の東郷記念館4階の広いテラスが斎場として利用されました。

斎主による祝詞奏上に続いて神楽「浦安の舞」が奉納され、観月祭にふさわしい華が添えられました。

幸いに東京の空には雲もなく、見事な満月を拝むことができ、心身を清められる観月祭となりました。 

引き続き同じ4階の「天翔」で直会が開かれ、福田宮司から中秋(旧暦8月15日)は必ずしも満月ではないが今年は昨年に続き満月となったと紹介されました。少し利口になったかと思いつつ東郷記念館の素晴らしい料理と各地の銘酒を堪能し、月より団子の楽しいひと時を過ごしました。