定例講演会

6月の定例講演会について

 新型コロナウイルスに関する「まん延防止等重点措置」に鑑み、6月の定例講演会を中止します。

第519回 定例講演会

 日時:令和3年7月15日(木)15:00~16:30
 演題:「昨今のわが国周辺情勢」
 講師:海上幕僚監部指揮通信情報部長
     俵 千城 海将補

     

(講師コメント)
 世界的大流行(パンデミック)となっている新型コロナウイルス感染症が、わが国を含む国際社会の安全保障上の重大な脅威となっています。その一方で、引き続きわが国周辺では、質・量に優れた軍事力を有する国家が集中し、軍事力のさらなる強化や軍事活動の活発化の傾向が顕著です。
 海上自衛隊が直面している昨今のわが国周辺の情勢について、お話しさせていただきます。

(講師略歴)
 平成 元年 3月 防衛大学校(航空工学)卒業(33期)
    2年 3月 海上自衛隊幹部候補生学校卒業(40期)
    以後、潜水艦幹部として勤務
   18年 3月 たかしお艦長
   22年 4月 海上幕僚監部指揮通信情報部指揮通信課指揮通信班長
   23年 8月 第3潜水隊司令
   24年12月 海上幕僚監部防衛部運用支援課長
   27年 3月 統合幕僚監部運用部副部長
   28年 3月 防衛大学校訓練部長
   30年 3月 海洋業務・対潜支援群司令
   31年 4月 海上幕僚監部指揮通信情報部長

 定例講演会の聴講を希望される方は、7月14日(水)午前中までに
水交会事務局へお申込みください。(電話:03-3403-1491)
 (賛助会費500円)
 新型コロナウイルス感染防止に留意して開催します。
 会場の制約等により、人数を制限する場合があります。

*7月11日まで東京都の「まん延防止等重点措置」が実施されています。
 その後も新型コロナウイルス感染状況が改善せず講演会を開催できない場合には、
 中止することがあります。
 その場合には、このページでお知らせします。